So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

民事再生は住宅ローンを含む複数ある債務に陥っているひとを対象としたマイホームを維 [自己破産 デメリット]

民事再生は住宅ローンを含む複数ある債務に陥っているひとを対象としたマイホームを維持したまま金銭管理の面で再建するための債務の整理の道として平成12年11月に適用された解決策です。

この制度には、自己破産のように免責不許可となる要件がありませんので、競馬などで債務が増えたような場合も民事再生は選択可能ですし、破産手続きをした場合は業務の停止になってしまうような業種で仕事をされている人でも民事再生は検討できます。

破産申告では住んでいるマンションを手放さないことはできませんし他の債務処理方法では、元金は払っていかなければなりませんので住宅のローンも払いつつ支払い続けるのは実際のところは困難だと考えられます。

ですが、民事再生という方法を選ぶことができれば、マンション等のローンのほかの負債は場合においてカットすることが可能ですので、余裕がある状態でマンション等のローンを支払いつつ残りのローンを返済していくようなことができるということになります。

いっぽうで、民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理と異なりある部分のみの借り入れだけを除いて処理することは許されませんし、破産手続きに適用されるように借金それそのもの消えてしまうわけでもありません。

それに、これとは別の整理方法に比べて若干期間もかかりますので、住宅のローンを組んでいてマイホームを維持していきたい場合等以外で、破産宣告などのそれ以外の整理ができない場合の最後の手段とみなした方がいいでしょう。


nice!(0) 

任意整理とは一般的に債務の整理というふうに言われていて、それぞれの債権者に対し返 [自己破産 デメリット]

任意整理とは一般的に債務の整理というふうに言われていて、それぞれの債権者に対し返金を続けることを前もって決めた債務の整理の手順になります。

具体的な流れは、司法書士とか弁護士有資格者債権を有する者と借り手との仲介役として話し合い、利息を定めている法律によって利息の再計算をもとに新たに計算した元金についての借入金利を削った方法で3年程度の期間で返済する債務整理対策です。

任意での整理は簡易裁判所などといった公的機関が管理しませんので別の処理と比べても、採用したときにおける不利な点がほとんどなく、方策そのものも依頼者にとってそれほど圧力になりませんのでメインとして比較しなければならない方法といえるでしょう。

お金の貸し手が消費者金融のような大変高額な利息の場合利息に関する法律で定められている金利以上に払い込んだ借入金利分に関しては借金の元金に充当できると判断され借りたお金の元金自体をカットすることもできます。

ですから、消費者金融みたいなとても高額な借入金利のところへ長い間返済している例では利息分を減額できる可能性もありますし10年以上続けて返済し続けている例では借金そのものが消滅してしまうような場合もあります。

任意整理の良い点ですが破産とは違い一部分の負債だけを整理していくことができますので、他に連帯保証人がいる負債以外について手続きをする場合や自動車ローンを除き手続きをしたい場合等においても検討することも可能になりますし、築き上げてきた財産を放棄する必要がないので、株式や土地などの自分の資産を保有していて、処分してしまいたくない状況であっても活用可能な借金整理の方法といえるでしょう。

手順を踏んでからの返済に必要な額と実際として可能な給与等の収入を検討し、だいたい完済が見通せるようならば手続きを取ることは問題ありませんが、自己破産手続きと違って借金自体が消滅するのではありませんので量が巨額な場合には、実際問題として任意整理にての選択をするのは容易ではないということがいえるでしょう。

nice!(0) 

特定調停という方法も任意整理による方法と同じように、各貸し手に対し返金を行うこと [自己破産 デメリット]

特定調停という方法も任意整理による方法と同じように、各貸し手に対し返金を行うことを前置きとした借金を整理していく形のことをいいます。

他の表現でいうなら裁判所が行う負債の整理となります。

この方法も任意整理による処理と似ていて、破産とは違い一部分のお金のみを整理していくことになりますので他に連帯保証人が関係している借入金を除いて手続きをする時やクルマのローンを別として手続きしたい際等も用いることも可能になりますし全ての資産を処分してしまう義務がないため、マイカーや住宅などの財産を持っているけれど放棄してしまいたくない場合においても活用できる借金整理の手続きといえるでしょう。

しかし、手続きを取った後返済が必要となる額と手取り額を比較検討して、おおむね返済の計画が立つのであればこの方法で手続きを進めるほうが良いといえますが、自己破産手続きとは異なって返済義務そのものがなくなるのではありませんので借入金の金額が巨額な場合には現実には特定調停による手続きを踏むのは困難であるということがいえるでしょう。

あと、この特定調停は公の機関が間に入りますので弁護士などのプロにお願いしなくても不利になってしまう心配はないという点とか手続きのための諸経費を圧縮できるという利点は魅力的ですが債権者それぞれの督促に対して自ら対処することになる点に加え裁判所にことあるごとに足を運ぶことになるといった要素もあります。

任意整理と比べると最終的に解決が得られないような場合は金利を全部付けた状態で返済していかないといけないといったことやそれら債務者に対し返済していく合計額が任意整理よりも割高になる場合が多い等の注意が必要な点もあります。

nice!(0) 
前の3件 | -