So-net無料ブログ作成
検索選択

自己破産申し立ての問題点 [自己破産 保証人]

 自己破産は、一部分の未返済金を取り除いた申し入れは通ることがありませんので住宅ローン、保証人のある借入を除いての自己破産の手続きはすることができません。

住宅ローンがまだある場合に自己破産の申請を実行した場合持ち家は押収されてしまいます。
高額な住宅ローンを支払い続けながら(自宅を守りながら)借りたお金を整理したい時には民事再生の申し立て手続きを選ぶのが良いでしょう。

また、連帯保証人のいる借金がある場合に、借入者が自己破産手続きを実行してしまうと連帯保証人宛てに督促が送付されてしまうのです。

Island And Waves From The Back Of A Boat.jpg
nice!(0) 

nice! 0