So-net無料ブログ作成
検索選択

自己破産の限界 [自己破産 任意整理]

 所持している資産(駐車場、自動車、証券類ないしは保険というようなもの)においては、例外無く接収の対象になってしまいます。

そのためどうしても残したい財産があるという方の場合や、自己破産手続きをしてしまうと営業が続けられなくなる免許を使って労働されているならば、別の借金返済の手段(債権者との和解による任意整理または特定調停手続等)を取らなければいけないでしょう。

 ギャンブル又は無用な支出に端を発する未返済金などの債務故の申し立てだというときには自己破産の目的である免責(借りたお金を無効にするお墨付き)が受理されない事もないとは言えませんから、異なった借金返済の方法(特定調停の申し立て、任意整理あるいは民事再生の適用による返済の減額)による身の振り方も考慮に入れて考えていく必要があると考えられます。

White Fluffly Clouds In A Blue Sky.jpg

nice!(0) 

nice! 0